アイラインの引き方【エスコレ・アイライン】

エスコレ・アイライン トップページ > スペシャル

アイラインの引き方

初心者向けアイラインメイク(アイラインの引き方)のポイント

他のメイクに比べてアイラインメイク(アイラインの引き方)は難しく感じている方も多いことでしょう。
そこで、今回はアイラインメイクのポイントをチェックしていきます。

初心者の方は手順に従って、慣れてきた方は手順を省略したり、太さやグラデーションなどで工夫するなどして愛されるメイクを追及してね。

アイラインメイクのステップポイント

  1. ベースを作る
アイホールから眉下までの広い範囲にアイシャドウベースを作り、お好みに合わせてグラデーションやラメを付けます。
  1. 目尻からラインを引く

ここからがアイラインメイクの本番。
目尻(上まぶたの際)からペンシルでまぶたの1/3〜1/2程度にラインを引いていきます(小学生が絵の具で色を塗るように、外側となる目尻から丁寧にラインを描くことではみ出しなどを予防します)。

この際にペンシルを寝かして、やや引張り気味に描くのがポイント。
  1. まつ毛とまつ毛の間を埋める

今度は、目頭からペンシルを立てて、まつ毛とまつ毛の間を埋める(結ぶ)感じで少しずつ描きます。
まつ毛とまつ毛の間にキチンと埋めるから自然で上品なラインに仕上がりますので、ゆっくり丁寧に描きましょう。
ラインを引きたら、自然に見せるためお好みに合わせてチップなどでペンシルラインをぼかします(ぼかすことでグラデーションがかかり自然に見えます)。
下まぶたは控えめにまつ毛とまつ毛を結ぶ感じで軽く描くことをお薦めします。
ちたみに、目を大きく見せるため極端に太めに描いたり目より外側に描くことはアイラインが台無しになるので避けましょう。

  1. 粘膜にラインを引く

上下の粘膜にもペンシルでラインを描きます。
目尻だけやや太めのラインにしてもOKですが、最初のうちはあまり太くしなくても良いでしょう。

  1. リキッドでラインにアクセントを付ける

先端の細いリキッドで上まぶたの際を細くラインを引きアクセントを付けます。
この際、上まぶたの目尻はやや上げ気味にするのがポイント!
出来れば、まつ毛の間を埋めるように塗るようにします。
下まぶたは既にペンシルで描いているので控えめに描いても、描かなくても構いません。
リキッドは、テーブルなどに肘をつき手を固定させながら、やや立て気味身に持って一気にラインを引くと綺麗に描きやすくなります。

  1. 完成

アイメイクは雑になればなるだけ残念なメイクに仕上がってしまいますので、最初のうちは少し時間が掛かっても、ゆっくりと丁寧にメイクするのが上達の近道です。

回を重ねるごとに慣れて、素早く仕上げられるようになりますので安心してください。
アイライナー画像

今回使用したアイライナー
◆ペンシル
ダブルアイライナー(ブラック) 資生堂:MAQillAGE(マキアージュ)
◆リキッド
ナチュラルクリアライナー(ブラック) カネボウ:COFFRET D'OR(コフレドール)

ページの先頭へ
本サイトの文章、画像等の無断転載及び複写を禁止します。 Copyright(c) b-dash All Rights Reserved.